« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月27日 (月)

澤田眼科ホームページ

ホームページデザインを変更しました
院長自作ですので
なかなか綺麗なページとはいきませんが
ご容赦ください。
よろしければアクセスしてください

 http://homepage2.nifty.com/sawada_eye

|

2014年10月23日 (木)

エボラ熱

一部地域で終息宣言はなされるものの、依然西アフリカのギニア、リベリア、シエラレオネを中心に猛威を奮うエボラ熱。
シカゴで行われている米国眼科学会でも話題にあがり、その報告が学会員にメールされています。
以下要約です。

感染症の専門家であるシカゴRush大学、Trenholme先生はあらゆる事態を想定して日夜検討をおこなっています。

エボラウイルスは、主に末期患者に直接触れるか、もしくは体液に接触することにより感染する。
感染率は16%に過ぎず、それも末期患者を看病した家族に限られている。
インフルエンザウイルスの方が、はるかに感染しやすい。

Trenholme先生は、各人の防護用具(Personal protection protocl; PPE)に関する詳細なプロトコールを含めた、
感染症対策プロトコールを発表した。
PPEは23段階のステップを経て、90分の時間をかけて二人の介助により行われている。

米国で感染した二人の看護師についてよく聞かれるが、これはPPEが不十分ではなかったかと考えている。

エボラ感染拡大を防ぐには、アフリカでの患者を治療センターに集約して監視することである。
末期患者を看病し、遺体を埋葬する家族が最も危険にさらされている。
多くの患者を自宅からセンターに移送して、はじめてエボラ拡大をコントロールできる。

以上、Academy Live Sunday edition ; TODAY'S NEWS FROM AAO 2014から引用

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »