« 2009年花粉飛散情報 | トップページ | 太陽の塔と桜 »

2009年4月 9日 (木)

長期コンタクトレンズ装用とドライアイ

コンタクトレンズを装用していると色々な問題が生じます。ドライアイもそのひとつです。最近、英語の文献(著者は邦人)で10数年におよぶ長期コンタクトレンズ装用者はドライアイになりやすいという報告がありました。

これは長期コンタクトレンズ装用者では、涙の脂成分を分泌する眼瞼のマイボーム腺が減少し、その結果涙が蒸発しやすくなり、ドライアイになりやすいのではないかという内容です。

コンタクトレンズを続けるうえで、人工涙液点眼液は手放せないアイテムかもしれません。

参考文献)Aritaら:Contact lens wear is associated with decrease of meibomian glands. Ophthalmology 116. 2009

|

« 2009年花粉飛散情報 | トップページ | 太陽の塔と桜 »