« カラコン薬事法の規制下に | トップページ | コンタクトレンズは高度医療機器です »

2008年10月11日 (土)

降圧剤が糖尿病網膜症の治療薬に

糖尿病網膜症の治療の話。

糖尿病網膜症の治療といえば網膜レーザー光凝固や硝子体手術が主体となり、薬物治療に関して話題なることはあまりなかった。しかし最近糖尿病網膜症の病態があきらかになるにつれ、さまざま薬物が開発されてきている。そんななか、気になる話題が発表された。

糖尿病網膜症にかかるカンデサルタン(日本製品名:ブロプレス)の
大規模臨床試験DIRECTの結果について

高血圧治療薬であるアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)カンデサルタン(日本製品名:ブロプレス)が糖尿病網膜症の発症予防と進展抑制に有効であったという報告である。有効率に関しては、もう少し向上を期待したいところですがレーザー光凝固の適応になる前に進行を抑えることができれば、それこそ糖尿病網膜症の治療選択のひとつになりえるものとして、今後注目してゆきたいところです。

|

« カラコン薬事法の規制下に | トップページ | コンタクトレンズは高度医療機器です »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 降圧剤が糖尿病網膜症の治療薬に:

« カラコン薬事法の規制下に | トップページ | コンタクトレンズは高度医療機器です »