« 見直されるハードコンタクトレンズ | トップページ | 降圧剤が糖尿病網膜症の治療薬に »

2008年7月11日 (金)

カラコン薬事法の規制下に

 拙著ブログにも書いたおしゃれ用カラーコンタクトレンズについて、眼障害を訴える症例が急増し、年度内に薬事法の省令を改正して高度管理医療機器とする方針となりました。http://sankei.jp.msn.com/life/body/080710/bdy0807102241003-n1.htm

現在は「雑貨」扱いとされているカラコンが高度管理医療機器とされた場合、販売管理には厳しい義務付けされることになり、今までのように手軽に入手できなくなる見込み。直接眼に触れるものだけに治療用(視力矯正用)コンタクトレンズと同等の扱いをうけて然るべきもので、これにより眼障害が減少すれば良いなと考えています。

|

« 見直されるハードコンタクトレンズ | トップページ | 降圧剤が糖尿病網膜症の治療薬に »